2011 アジアカップ蒲郡大会 土橋 初V!佐藤とワンツー!!

26日に行われたアジアカップ蒲郡大会で、土橋がスイムから終始レースを引っ張り、念願の初優勝!また、佐藤が苦しい展開でランで3番手を走っていたが、気力を振り絞り2位でフィニッシュ。
ケンズでワンツーフィニッシュを決めました。ナショナルチームのメンバーとしても、勝たなくてはならないレースで、そのことを充分自覚してレースに臨みました。

湿度が80%を越える厳しいコンディションの中でしたが、両親の見ている前で積極的なレース展開を見せ、最高の笑顔で勝利のテープを切りました。ケンズでは、中島がランで遅れ惜しくも5位。男子の遠藤がランでつぶれたものの健闘。
アジアチャンピオンの細田選手、海外勢3人とともにバイクで逃げ、そのままランへ。しかし暑さのため大きくペースダウン。結果は伴いませんでしたが、細田選手も遠藤の先行する気持ちを讃えていました。このような積極的な展開を忘れずにいることで、いつか結果がついてくると思います。
今後ともご声援をお願いいたします。

以下JTUウェブサイトより
リザルト(PDF)
レース速報
前日の説明会の様子