河原、残念ながらリタイア。全日本宮古島トライアスロン

 15日7時にスタートした、全日本宮古島トライアスロン大会。
2連覇を目指した河原は、スイム9位とまずまずの位置で終了。苦手とするバイクで
18位と順位を落とすも、ここまでは織り込み済み。トップとは20分近い差があり
ましたが、昨年の激走の再現をと、ランでの逆転が期待されました。

折返し20キロ地点では、トランジッションを含めたタイムでも唯一1時間30分を
切る1時間27分と、一気に6位までランクアップ。トップを狙える位置に詰めて
きました。

しかし、30キロ地点で、河原の名前がありません。暫くして、ランリタイアの
情報。気温29度に達する中でのレースで、熱中症で走れなくなったようです。
一昨年の宮古島(体調不良)でも、昨年の佐渡(故障)でも、決して諦めること
なく、トライアスリートにとって大切な「完走」だけはしていた河原ですが、
相当のダメージだったのだと思います。

しばらく情報がなく心配されましたが、点滴を打って回復を待たざるを
得ない状況で、リタイアしてから約4時間後、連絡がとれました。

昨年と同様、大逆転が期待されながら、大変残念な結果となってしまいました。
ご声援いただきましたが、ご期待に応えられず申し訳ありませんでした。
次回のレース(6/17長崎予定)でリベンジしたいと考えています。