ジュニアアジア選手権、小原がV、瀬賀が2位。男子山本が銅。

6/1にカザフスタンで行われたジュニアアジア選手権で、2年連続で世界ジュニア入賞の小原が優勝。今季初戦を優勝で飾りました。また、2位に瀬賀楓佳。今年からケンズ山梨で練習し、得意のスイムをトップ通過。先輩選手の中堂々としたレースで
2位。4位まで日本勢が締め、6位中島、8位加後(いずれも京都)と、出場全選手が入賞を果たしました。

男子は山本(京都)が銅メダル。最後のランで離されたものの表彰台を死守。ランで追い上げをみせた稲井(京都)が13位でした。
リザルト

女子2位の瀬賀(左)、男子3位の山本(右から2番目)、女子優勝の小原(右)

女子2位の瀬賀(左)、男子3位の山本(右から2番目)、女子優勝の小原(右)

女子優勝の小原

女子優勝の小原