日本ジュニア選手権 ケンズ全冠制覇!

3日、長良川のある木曽三川公園で行われたジュニア選手権で、ケンズ勢が上位を独占。U19、U15のそれぞれ男女で行われ、U19は今年の世界デュアスロン2位
一昨年のトライアスロンでジュニア世界チャンピオンの松本(19)が優勝。2位から7位までをケンズ勢が占めた。
ユースオリンピック代表の久保埜(17)は3位。また、スイムは今回も瀬賀(16)が、先輩選手を抑えトップであがってきた。
U19男子も山本(18)が、U15も男女ともケンズ京都の選手が優勝し、ケンズ京都出身または在籍選手が全冠を獲得した。
リザルト(PDF/JTUホームページ)