月別アーカイブ: 2017年5月

WTS横浜、佐藤13位

雨の中行われた、WTS第3戦横浜大会で、佐藤が日本選手最上位で13位に入りました。久保埜は昨年の40位から進歩をみせ30位。
スイムでよい位置であがったのは久保埜。粘り強く前の集団を追い続け佐藤よりも前の位置でランスタート。佐藤も後続集団で追うも、トップとは約3分のビハインドでランスタート。ランの強化に取り組んできた佐藤は、本人も納得の快調な走りで久保埜ら前をいく日本選手をパスし、13位フィニッシュ。久保埜もランで遅れをとったものの、バイクまでは大健闘。昨年から大幅に順位をあげて30位でフィニッシュ。

厳しいコンディションの中、良いレースができてのではないかと思います。横浜で、またテレビの前でご声援いただき、大変ありがとうございました。また、この雨の中、大会を支えてくださったスタッフ、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

ここまでの練習が着実に力になっています。まだまだ課題はありますが精一杯精進してまいります。引き続き、応援をよろしくお願いいたします。
リザルト
JTU HP:PDF
ITU HP

◆WC成都大会決勝、佐藤8位入賞!

7日、WC成都大会で、昨日の準決勝を勝ち抜いた佐藤が、予想通りハイペースの展開となった決勝で、8位に入賞しました。佐藤にとってもこれまでにない感覚のハイペースだったようでしたが、昨年のオリンピック前のWCモントリオール大会(8位)以来の入賞を果たしました。

また、瀬賀は強豪集う中、得意のスイムで6位と力を発揮。最終15位。久保埜は30位でした。
リザルト JTU HP13日は、横浜でWTS第3戦が行われ、佐藤、久保埜が出場予定。
ご声援、よろしくお願いいたします。

WC成都大会、佐藤、久保埜、瀬賀準決勝突破!明日決勝!

6日に行われたワールドカップ成都大会(中国)初日、スプリントで行われた準決勝で、日本女子選手は全員決勝進出を決めました。
準決勝は22人X2組で行われ、準決勝1組で、久保埜は、松田選手(ペリエ・グリーンタワー・稲毛インター)に次ぐ8位、2組は、佐藤が2位、瀬賀が4位で、高橋選手(日本食研)とともに準決勝を突破。明日、スーパースプリント(スイム400m、バイク10km、ラン2.5km)で行われる決勝に臨みます。

これまでと違う大会形式の中で、明日はさらに短い距離で行われハイスピードでの展開必至です。ご期待ください。

準決勝リザルト、及び決勝のスタートリストは以下をご覧ください。
準決勝リザルト・決勝スタートリスト