作成者別アーカイブ: admin

2 / 1912345...10...最後 »

日本選手権 テレビ放送

10月9日に行われた、第22回日本トライアスロン選手権のテレビ放送のご案内です。

佐藤・久保埜の入賞、瀬賀のスイムトップ、そして足立のラストレース・・・、是非ご覧ください。

テレビ放映:10月24日(月)20:00~21:50 NHK BS1
女子競技 20:00~20:50/男子競技 21:00~21:50
番組HP 
_ahp6340_r

日本選手権、ご声援ありがとうございました!

大雨の中の中のご声援、大変ありがとうございました。
表彰台は逃しましたが、U23、U19の選手らの活躍は、今後を期待させるレースでした。
今季は、まだ10/22にW杯トンヨン(昨年佐藤が優勝)、10/29にW杯宮崎(初開催)などのレースがあります。
これからも応援よろしくお願いします。

_x6a7470_r

足立真梨子からのメッセージ

 これまで応援をいただきました皆様、10年間ありがとうございました。
トライアスロンを通じて、私は夢を持つことの素晴らしさを学び、『生きている。』その実感を毎日感じ歩んでまいりました。ロンドン五輪後、引退までの数年間は膝の故障で思うようにトレーニングもできず、レースでも十分な成績も残せない日々が続きました。

 しかし、後輩の佐藤優香選手の頑張る姿に勇気づけられ、私もリオ五輪を目指すという気持ちで本日まで現役を続けてまいりました。そこにはたくさん方の支えがあり、監督、スタッフ、チームの仲間の理解があったからこそ私は本日まで走り続けることができたと思います。

 歴史あるチームケンズの一員として、飯島健二郎監督のもと、長きにわたり活動をさせていただいたことは私の誇りです。本当に幸せな競技生活を過ごさせていただいたことに、心より感謝しております。
ありがとうございました。

足立真梨子
_x6a6622_r

_x6a6613_r

_x6a6377_r

足立、現役引退発表

9日に行われた日本選手権を最後に、足立真梨子が競技の第一線から引退することが発表されました。
2010年のアジア大会金メダル、ロンドンオリンピック代表と、日本のトライアスロン界のトップを
走ってきた足立は、10年の現役生活を送りました。
大学を卒業後、一度は断っていた監督からの誘いが頭に残っており、自らトライアスロンに挑戦することを決断。
成果が出る一方、故障で苦しむ時期もありましたが、乗り越えてロンドンオリンピック出場。
日本人最高位の14位でフィニッシュしました。
その後、膝の手術を経て、リハビリに耐え復活、リオを目指しました。しかし代表には届かなかった
ものの、懸命にトレーニングする姿は後輩達に刺激を与え、佐藤優香がリオの代表になりました。

日本選手権後のアワードパーティーで挨拶があり、同じく一選を退くことになった庭田選手、
一緒に戦ったメンバーと写真撮影が行われました。

これまでのご声援、大変ありがとうございました。深く感謝申し上げます。

DSC_0197

DSC_0197

DSC_0214

DSC_0214

日本選手権、佐藤は4位!

9日に行われました、第22回日本トライアスロン選手権で、佐藤が4位、久保埜が6位に入賞しました。

大変な大雨の中で行われた女子のレースで、スイムでトップと26秒の大差でフィニッシュしたのは、初出場で高校生の瀬賀。バイクでの落車で最終の順位は21位でしたが、強烈なインパクトを残した日本選手権デビューでした。
2番手はこれも10代の久保埜。若手2人がスイムをリードしました。佐藤は久保埜にわずかに遅れ4位。足立も6位でバイクへ。さらに強くなる雨の中でのバイクでは、足立も落車するなど難しい展開の中後続と合流し、ランへ。
いっこうにやむ気配のない状況の中ランをスタートした佐藤は、惜しくも表彰台に届かず4位。昨年落車で完走できなかった久保埜が6位。同期で競い合った松本が13位、小原が14位。枝光が22位、9年ぶりの日本選手権出場の忽那は27位で見事に完走しました。

そして、このレースで第一線から退くことが発表された足立が19位でした。
足立は10年の現役生活で、アジア大会金メダルを獲得。ロンドンオリンピックにも出場し、日本トライアスロン界をけん引してきました。ご声援、大変ありがとうございました。

また、男子では、スクールコーチも奮闘。28位と健闘しました。

リザルトは以下をご覧ください。
http://www.jtu.or.jp/results/2016/16nationalchampionships_result.pdf

日本一決定戦では惜しくも表彰台を逃しましたが、佐藤が年間ランキング2位。この雨の中応援してくださった皆様、ありがとうございました。
そして、まれにみる厳しい状況の中この大会を無事に運営してくださったすべての皆様に、深く深く感謝申し上げます。
%e6%92%ad%e6%9c%ac%e9%80%9f%e5%a0%b1

いわて国体 足立5位、原田26位

10月2日、国体の公式競技として行われた「いわて国体」で女子の部・足立は5位、男子の部・原田は26位でした。

女子は、リオ代表の上田、加藤両選手の千葉勢がワンツー。足立(ロンドン代表)、庭田選手(シドニー、アテネ、北京代表)とオリンピアンが揃う大会となり足立は5位フィニッシュとなりました。京都代表の松本は10位。
ケンズスクールの上條さん(新潟)も37位で見事完走しました。
男子は、スクールコーチの原田が26位と健闘しました。

男子リザルト 
女子リザルト 

来週は日本選手権です。原田は2連戦となります。
皆様のご声援、よろしくお願いいたします。

WTSグランドファイナル・コスメル大会 佐藤は25位

日本時間9月18日にスタートしたWTSグランドファイナル・コスメル大会(メキシコ)で、佐藤は25位でフィニッシュしました。

スイムを8位であがった佐藤は、バイクで最後まで先行した3人には逃げられたが、必死に前を追い、第2集団に追いつく。その後後続と合流し15人の集団で展開。良い展開でしたがランで交わされ、25位でフィニッシュしました。
ランラップトップ、大幅に順位をあげた上田選手が5位入賞。
優勝は、バイクで逃げ続けたフローラ・ダフィー。初のシリーズチャンピオン。

リザルト
これで今季のWTSは終了ですが、このあと10月9日に日本選手権、10月30日に
W杯宮崎大会に出場予定です。

まだまだシーズンは続きます。
引き続きご声援、よろしくお願いいたします。

image1

JTUフォトギャラリーをご覧ください。

U19 世界選手権 久保埜が8位入賞!

日本時間の17日早朝に行われたU19世界選手権で、久保埜が8位に入賞しました。瀬賀が18位、杉原は39位でした。

スイムトップでフィニッシュしたのは瀬賀。久保埜は3位であがりバイクへ。その後集団となり、久保埜はランラップも8位と粘り入賞を果たしました。
リザルトは以下からご覧ください。
リザルト 

U19のレースに出場した3人

U19のレースに出場した3人

レースの写真は、JTUフォトギャラリーをご覧ください。

2 / 1912345...10...最後 »