トーシンパートナーズ
お問い合わせ
チームケンズ
スクール情報
大会情報
オンラインショップ
トピックス
チームケンズ 各メンバー紹介

佐藤優香Yuka Sato

佐藤優香の写真
生年月日:
1992年1月18日
出身地:
千葉県佐倉市
出身校:
日本橋女学館高校

9歳からトライアスロンに取り組み、中学生時代から注目される。2010年の第1回ユースオリンピックで歴史に残る大会第1号の金メダリストとなり、東京オリンピック招致の最終プレゼンにも登壇し注目を集めた。
2014年に行われたアジア大会ミックスリレーで金メダル。2015年はW杯を初制覇するなど力をつけ、2016リオデジャネイロオリンピック代表となる。
2017年には日本選手権で2度目の優勝を果たした。2020東京オリンピックではエースとして活躍が期待される。

成績 大会名
2017 優勝 日本選手権
2016 15位 リオデジャネイロオリンピック
2016 3位 アジア選手権廿日市大会
2015 優勝 W杯トンヨン大会
2015 2位 日本選手権
2014 優勝 日本選手権
2014 優勝 アジア競技大会仁川大会ミッスクリレー
2014 4位 WTS横浜大会
2010 優勝 第1回ユースオリンピック
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真

久保埜南Minami Kubono

久保埜南の写真
生年月日:
1997年8月19日
出身地:
北海道千歳市出身
出身校:
山梨学院高校

2011年日本ジュニア選手権優勝。陸上でも、2012年の皇后杯全国都道府県女子駅伝では北海道代表として中学生区間を走った。
2013年に山梨学院高校に進学し、チームケンズでトップ選手とともに生活を送る。2013・2014年のジャパンカップ豊崎大会でジュニアながら連覇。
そして、第2回ユースオリンピックに出場し5位に入賞した。
2016年から積極的に海外転戦し、世界ジュニアで8位に入賞。2017年W杯でも7位入賞と力をつけてきた。

成績 大会名
2017 4位 日本選手権
2017 7位 ワールドカップサリナス大会
2016 8位 アジアジュニア選手権
2016 2位 アジアジュニア選手権
2015 2位 日本ジュニア選手権
2015 2位 アジアジュニア選手権
2014 5位 第2回ユースオリンピック
2014 優勝 ジャパンカップ豊崎大会
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真

岩川真知子Iwakawa Machiko

岩川真知子の写真
生年月日:
1998年12月27日
出身地:
山形県
出身校:
立命館大学

仙台育英高校、立命館大学と駅伝の強豪チームで活躍。大塚製薬での4年を経て、磨かれたランを持ち味にトライアスロンに転向。2016年に移籍。
持前の走力を生かし、2016年・2017年の日本デュアスロン選手権で、連続して表彰台に登った。
スイムの力も着実についてきており、今後の飛躍が期待される。

陸上
成績 大会名
2015 10位 全日本実業団 1500m
2013 5位 全日本実業団 1500m
2013 1位 関西実業団選手権 1500m
2011 4位 ユニバーシアード深圳大会ハーフマラソン
トライアスロン
成績 大会名
2017 3位 日本デュアスロン選手権
2016 3位 日本デュアスロン選手権
2016 11位 アジアカップ村上大会
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真

瀬賀楓香Fuka Sega

瀬賀楓香の写真
生年月日:
1998年12月8日
出身地:
大阪府出身
出身校:
山梨学院高校

山梨学院高校で、ケンズのトップアスリートとともに強化に励み、卒業する2017年からトライアスロン一本に絞り、トップを目指す。
出場するほとんどの大会でスイムをトップであがる泳力を武器に、エリート大会へチャレンジする。
世界ジュニア選手権、日本のトップが揃う日本選手権でもスイムはトップであがり、理想とする先行逃げ切りの戦略で、日本選手権で3位、世界ジュニア3位と、好成績を残した。

成績 大会名
2017 3位 日本選手権
2017 3位 U19世界選手権
2017 優勝 アジアカップ香港大会
2017 優勝 U19アジア選手権
2017 優勝 アジアカップ高松大会
2017 優勝 U19日本選手権
2016 2位 U19日本選手権
2014 2位 U19アジア選手権
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真

松本文佳Fumika Matsumo

松本文佳の写真
生年月日:
1995年7月8日
出身地:
京都府京都市
出身校:
京都府立乙訓高校

中学からトライアスロンを始め、得意のランニングを生かし、ジュニア大会で成績が出るようになってきた。
2012年、日本ジュニア、アジアジュニアを制し、その勢いで世界ジュニア選手権で、日本人として初優勝した。
2015年・2016年にはU23日本選手権を制するなど、同世代でのトップレベルで実績を残しており、次世代のエースとなりうる存在になってきている。

成績 大会名
2017 3位 U23日本選手権
2016 2位 U23アジア選手権
2016 優勝 U23日本選手権
2015 21位 U23世界選手権
2015 優勝 U23日本選手権
2014 2位 世界ジュニアデュアスロン選手権
2012 優勝 世界ジュニア選手権
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真

小原すみれSumire Ohara

小原すみれの写真
生年月日:
1996年3月1日
出身地:
京都府京都市
出身校:
大阪国際大学

中学からトライアスロンを始め、3種目にそれぞれ高いレベルで能力を発揮。トライアスロンで優位に立つことができるスイム先行力があり、成長著しい選手である。
その能力が開花し、2012年には世界ジュニアで7位入賞。続く2013年にも5位と、2年連続入賞は、日本人では唯一。
その後も成長を続け、初出場の日本選手権では8位に入賞した。大学4年の2017年。学生日本一に輝いた。

成績 大会名
2017 優勝 日本学生選手権観音寺大会
2016 3位 日本U23選手権
2014 8位 日本選手権
2014 優勝 アジアジュニア選手権
2013 5位 世界ジュニア選手権
2013 優勝 日本ジュニア選手権
2013 2位 オーストラリアンユースオリンピックフェスティバル
2012 7位 世界ジュニア選手権
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真
大会写真

PAGE TOP