2017 YOKOHAMA TRIATHLON

先週末に行われました横浜トライアスロン大会。
土曜日は世界のトップアスリートが集結しWTS(ワールドトライアスロンシリーズ)横浜大会が行われました。
チームケンズ所属選手の佐藤優香が日本人最高位の13位。ランニング強化が実を結び、最後まで前に突き進めたレースだったと思います。
また、若手の久保埜もスイムで好位置で上がり、バイクも粘り30位でフィニッシュ。昨年、あまりの緊張で笑顔が出なかった久保埜ですが、今年は堂々としたレースで成長の見られるレースでした。雨の中のレースでしたが、無事にゴールしてくれてほっとしました。

同日に行われたWPS(ワールドパラトライアスロンシリーズ)には西東京会員の中澤隆さんとスクールコーチの原田がガイドで走りました。
パラトライアスロンのレース中は、まだ雨は本格的になっていませんでしたが、石畳の部分は慎重に走ります。
二人乗りのタンデムバイクは総重量20kgほど。減速や加速にも時間がかかり、コーナリングからの立ち上がりは息を合わせて加速していかないといけないので、技術もですが、波長も合っていないと難しそうですね。まさに二人三脚!中澤さんはPTVI(視覚障がい者)の部で8位でした。お疲れ様でした!

そして、翌日14日はエイジグループの横浜大会!
チームケンズからも20名近い方々が、スタンダード&スプリントの部に出場。パラトライアスロンには河原コーチがガイドデビュー!中澤さんは2日連続のレースでした。
前日の雨は止み、曇り空の下レースが行われました。スイムはうねりがあったようですが、それもまた経験ですね。
参加の皆様、お疲れ様でした!
この大会は横浜の街を走れる人気大会。是非皆さんも来年、出場されてみてはいかがでしょうか?