カテゴリー別アーカイブ: レース報告

会員レース報告&リザルト

第30回沼津千本浜トライアスロン大会/第13回チームケンズカップトライアスロン駅伝大会

8月6日に開催しました「第30回沼津トライアスロン大会/第13回チームケンズカップトライアスロン駅伝大会」
毎年、多くの方に参加していただき国内でも大人気の大会となりました。事務局&コーチ陣も総出で大会運営にあたりましたよ~。こちらの大会、大学OB・OGのチームや往年のトライアスリートなどなど、懐かしい面々も集まり、年に1度のトライアスリート同窓会のようにもなっています。

今年もケンズスクールの方々のお顔をチラホラとお見掛けしました。その中でも西東京校の西由紀さんにレースレポートをいただきましたので、ご紹介いたしますね!
来年は、沢山のケンズジャージが大会会場で見られることを、楽しみにしています。ではどうぞ!

3種目×3名の大会に女子チームを結成して参加してきました。
この大会は一昨年、ケンズに入りたての時に出た思い出の大会です。
その時は初心者でも出やすい距離、行きやすい場所、そして現地で何かあったときにはコーチ陣が勢ぞろいでなんとかしてもらえそうだという理由で参加を決めました。
今年は9月に控えた佐渡トライアスロンに向けた暑さ訓練と、1ヶ月前の予行練習ということでエントリーしました。
大会前日は沼津での受付が2時からなのでゆっくり目に西東京を出発し、沼津港で美味しいお魚料理を堪能。受付を済ませ、試泳の予定でしたが海に白波がたっていたため泳ぎは辞めてバイクでコースを試走しました。

大会当日は8:30スタート。チーム名は「ややケンズ」。アナウンスの「ケンズではなくややケンズなんですね~」になんとなく周りがザワザワ。
第1走は今回初参加の廣岡さん。バトルが激しかったそうですが得意のスイムとバタ足攻撃でなんなくクリア。バイク、ランともに快走で2走の櫻井さんへ繋ぎます。
海大好きの櫻井さんもマイペースでのスイムをクリア、バイクでは何人かに抜かれてしまった~と言っていましたが、ランは余裕のスマイルを浮かべながら3走の西につなぎます。
海が大の苦手の私。距離は500mなのですが、少しうねった海で水を飲みまくり、何度も平泳ぎをして休みながらなんとかスイム終了。続くバイクは20km。大会で禁止になっているDHポジションを我慢しながら海沿いのコースを一人旅。暑い中応援してくれるボランティアの方の声援を糧に、コーチたちの日頃の厳しい指導を思い出しながら頑張りました。(「はい、ガンバ!」の声が遠くで聞こえたような。。。)
ランは松林の中を走るコースで日差しは少し弱まりますが足元が砂利道なので足を取られないよう、気をつけて走りました。エイドでは氷をたくさんもらい紙コップにも氷を入れて体を冷やしながら2.5kmのコースを2周回。
ゴール手前では廣岡さん、櫻井さんが待っていてくれて3人で揃ってゴールテープを切りました。駅伝でしか味わえないこの感動のゴールは他のレースとは違い格別です。

今回は個人の部で斉藤純子さんも参加。年代別優勝の快挙でした!
帰りは温泉でゆっくりし、またまた美味しいものを食べて帰ってきました。
1泊2日の遠征でしたが、なかなか長い間家を空けにくい主婦メンバーもレース、グルメともにたっぷり堪能できた楽しい旅でした。

トライアスロンデビュー参戦記~榛名湖トライアスロン大会~

こんにちは!スクールコーチの忽那です。
ついつい表彰対象者や強豪アスリートに目が行きがちですが、チームケンズトライアスロンスクールでは、これからトライアスロンを始めたい!という方も沢山いらっしゃいます。
今回は予想外の展開になりながらも、トライアスロンデビューを果たした成増校の奥野茂治さんに、榛名湖トライアスロン大会のレポートをいただきましたので、ご紹介させていただきます。初トライアスロン、1人での参加、そして雨…不安ばかりがつのるデビュー戦を見事完走されました!お疲れ様でした!

皆さんも始めた頃の気持ち、思い出してみませんか?
では、どうぞ!

今年の2月から成増校でお世話になっております奥野です。この度、お恥ずかしいながらトライアスロンデビューしたのでレポートさせて頂きます。

大の苦手のスイムは、トライアスロンの最初の競技で、この壁を越えなれば完走はない。我流でラン、バイクは続けてきたものの、スイムについては知識・経験はほぼゼロ。そんな状態でケンズの門を叩きました。

初レースとして選んだ大会は、波のある海を避け、湖スイムの榛名湖トライアスロン(スプリント)。酷暑のレースを想定していたにも関わらず、当日は、雨。気温19度、水温23度。バイクコースは下り坂での路面スリップに注意、と全てが想定外で不安はつのるばかりでした。いよいよ入水チェックの時間となり、いざ榛名湖へ入水。水は冷たく、不安が一気に恐怖へと変わり、試泳開始。水中の視界はほぼゼロと、不安が頂点に達し、思うように泳げず、平泳ぎで慌てる始末。頭には”棄権“の二文字がよぎりました。

でも、日頃指導してくれているコーチ、スクール生のみなさんの顔が浮かび、負けるなと応援してくれているように思え、勇気を振り絞って試泳を繰り返しました。そのうちに、だんだんといつもの成増校のプールでの指導、泳ぎを冷静に思い出すことが出来、行ける!と気合が入るも、開会セレモニーで待機、体が冷えて、気合がダウン…。

仕切り直しで、再度、冷たい水に入り、スイムスタート!最初はいわゆるバトルになりましたがコーチのアドバイスを守り、心拍があがらないようにゆっくりと泳ぎ出し自分のペースを維持し、ヘッドアップしてブイを確認しながら泳ぐことに注力しなんとか折り返しへ。後半はもう帰るだけと気持ちも楽になり、ストリームラインを意識することでペースアップし無事に完泳。

次は雨の中のバイク。安全第一とのコーチの指導を守り、アップダウンの激しいコースを快調に激走。(走行中は雨が強くサイコンは見えなく、実はスロー走行でした。)
ランは5km。完走はもうすぐ。これでやっとケンズのみんなと一緒のスタートラインに立てる、コーチにも報告できると、いいことだけを考えて、激走。そして無事に完走!正直、雨のバイク、ランともに初めてで、がむしゃらに前に進むだけでした。。。
もっと、コーチに雨の日のアドバイスをもらっておけばよかったと後悔。

トライアスロンデビューをこれから控えていらっしゃる方も多いかと思いますが、レース経験豊富なケンズのコーチが考えてくれている厳しい?練習をこなしていれば必ず完走が出来ます。なぜなら、実は当方は、3月にスクールでのスイムタイムトライアルで溺れそうになりながら人生で初めて400mを泳ぎ、4月の渡良瀬遊水地で人生初めてのバイクタイムトライアルで40kmを走ったレース練習の全くの初心者です。
でもこのような練習の全てがレース中のつらさ、不安を一蹴してくれました。そして、一緒に練習している仲間が応援してくれて、後押ししてくれます!これからも一緒に頑張りましょう!

次は8月27日のうつくしまでオリンピックディスタンスに挑戦します。応援よろしくお願いします笑。

IM CANADA


先週日曜に行われたアイアンマンカナダでは、ケンズスクール各校からご参加の皆さんに、ケンズ旋風を巻き起こしていただきました!
西東京からは川嶋明子さん、丸知司さん、成増校からは巖渕知乃さんと巖渕京さん、新宿校からは松倉友樹さんがアイアンマンの世界選手権の出場権を獲得されました!
おめでとうございます!
今回は西東京から参戦した浅野博光さんにレース報告をお願いいたしました。頂いた写真をみるだけで、うっとりするほどきれいな所ですね~。
それでは、こちらをご紹介しましょう!
************************************************************************
7月30日、カナダ・ウィスラーで行われた、アイアンマン・カナダに参加して来ました。ウイスラーは、バンクーバー五輪のジャンプなどの競技会場にもなった、世界でも有数のスキーリゾート地でもあります。
山、湖、川、青い空などの景観は、素晴らしいところです。
この大会は、三年前にも出場しましたが、前回の反省を踏まえ対策をしたつもりですが、得意としているハズ(?)のRUNで、見事に撃沈。それでも、気持ちが折れずに完走できたのは、ケンズメンバー、家族の励ましでした。
コースはスイムは、無味無臭の湖。当然、波も無く、泳ぎやすいです。ローリングスタートも功を奏しています。
バイクは、獲得標高1800m、スタートから 序盤は200mを登って降りて、90-140kmは平坦なコース。その後は残り40kmかけて400mを上がってゴールです。全体的にアンジュレーションがあり、脚を使い切ってしまいます。非常にタフなコースです。
ランは、エメラルドグリーンの湖を眺めながらのある意味「ご褒美ランニング」とも言えない、バイク後は苦しい展開になりました。
あらためて、思うのは、サポートや励ましがあっての競技。レース中でも、参加者から、励ましの言葉をかけられる、自分も苦しんで、バイクやランをしているのに関わらず。素晴らしい。
誰かに勝つ前に、ライバル心を相手に向ける前に、人として尊敬の念を持つことは、競技以前に大事だなと、特にトライアスロンは、競技時間が長いので、大事な事と思いました。
そんなメンバーといつも練習できて、同じ大会に参加出来たことは、感謝でしかないですし、思い出に残るレースになりました。
一緒に参加したケンズメンバーは、気心を知れたメンバーです。普段の名栗で練習している様でした。大会前にもかかわらず、みんな、メンバー共に、家族で観光して楽しめたのは、非常に良かったです。
まだまだ、学ぶ事も沢山あり、これからも、ケンズコーチ、メンバーにもお世話になります。

第19回U-15トライアスロン選手権

スクールコーチのくつなです。本日朝から雨が降り続いた長良川です。
U-15選手権、女子のレースが終わりました。(36名エントリー、33名出場)
チームケンズジュニアトライアスロンスクールの市川暖乃香は、スイムを10位でアップ、バイクは第3パックの6位集団で終了。ランで飛び出すも、先頭集団との差を詰めきれず、ゴールスプリントで僅差で5位を逃したものの、6位でゴールしました。
初めての選手権出場で、課題&反省点はあるものの、可能性が見えてきたレースでした。
優勝出来るのはもちろん1人だけです。
私自信も今年レースに出て感じます。
1位を取るって、やっぱりすごい!

これから、もっともっと突き抜けて行って欲しいなと思いました。9月のオールキッズ@昭和記念公園では、今回のレースの悔しさを生かしたレースをして欲しいですね。
皆さまの応援のおかげで、怪我、落車することなく無事にゴール出来た事を感謝いたします。
今後もどうぞ応援よろしくお願いいたします!

リザルトはこちらから→→→http://www.jtu.or.jp/news/2017/pdf/17nagaragawa_u15_result.pdf

今治伯方島トライアスロン大会

7月23日に愛媛県今治市の「は・か・た・の塩~♪」で有名な伯方島にて、えひめ国体イベント事業「今治伯方島トライアスロン大会」が行われました。
こちらの大会には今春、地元愛媛に戻られた元成増校会員の堀川さんをはじめ、成増校の入江さん、杉浦さん、西東京校の歌代さんが参加。
コースロープに人が溜まるほどの潮の流れが強く、バイク&ラン共にタフだったようです。でもロケーションは最高!一度は訪れてみたい大会ですね。
JTUエイジランキングポイント大会でもあり、入江さんは念願の年代別3位入賞!おめでとうございます。
今回は堀川さんにレースレポートをいただきました!どうぞ!

元成増校の堀川です。
皆さんお久しぶりです!
地元愛媛の伯方島トライアスロンに参戦し、久しぶりにチームメンバーに会え楽しい時間でした。結果は総合11位(エイジ4位)。エイジポイント狙いの入江さんがエイジ3位で表彰台にあがり、いい笑顔でした。
コース内容は、スイムは瀬戸内海だけあって見た目以上に潮流が強く、まっすぐ泳いでいるつもりが流され、予想以上に体力をつかいました。バイクはスタート後、高低差100mを一気にかけ登り下り、その後は小さなアップダウン。ランもアップダウンばかりで、途中下り階段があり、タフなコースでした。
次は佐渡Bです。またお会いできるの楽しみにして、練習に励みます!

詳しいリザルトはこちらから→http://imabari-triathlon.com/result

XTERRA 川崎

先週末も全国各地で沢山のレースとドラマが繰り広げられましたね。合宿やイベントなどで指導に入ってもらっている西崎コーチがエクステラに挑戦!初エクステラのレポートをいただきましたのでご紹介します!

XTERRA川崎2017に出場してきました。
スイムは多摩川を泳いで、河川敷の不整地をマウンテンバイクとランで走るというコースです。
今回はミニXTERRAという事で、距離はS200m-B5km-R2kmと短く楽勝そうですが、試走したら結構きつくてで走りごたえのあるコースでえした。
バイクは芝生というか雑草の中を走る感じで、そしてほぼフラットなので足を休める場所がなくて逆に辛い。見えない轍もあるので、常に踏んでいないとバイクが進まない感じ。ランは草が深いので足を取られるし、窪地では上がる時には思わず手をついてしまうほどでした。

レースの結果は、招待選手込みで5位。表彰対象では3位でした。
スイムはフローティングスタートで、人数は少ないのでバトルもなく、抜け出す事ができて、先頭は招待で出場していた山本良介さんに行かれましたが、2番手でスイムフィニッシュしました。トランジッションでは、バイクシューズを履いてからスタートするのでいつもより手間取り時間がかかってしまいました。2位でバイクスタートしましたが、最初の折り返し後に立て続けに2人に抜かれ、4位に。序盤で乳酸も溜まってしまっていたので、付いていく事が出来ませんでした。後半は腕にも疲労が溜まってきていて、思った通りにバイクコントロールができず、1周目は上手くこなせたポイントも下手くそな感じになってしまい、マウンテンバイクの難しさを感じました。
ランは一つでも順位アップしようとスピードを上げようとしても雑草で足を取られてもどかしい感じと、同時に心拍もかなり上がってしまい、順位変わらずでフィニッシュでした。
今年は9月にXTERRA南富良野にチャレンジするので、その前に近場でXTERRAを体験できて良かったです。

XTERRA川崎はマウンテンバイクさえ準備すればトライアスリートは間違いなく完走できるので、チャレンジしたいけどちょっと不安という方にはおすすめの大会です。

大井川トライアスロン大会

少し、日が経ってしまいましたが7月16日に静岡県で行われました大井川トライアスロン大会へは、成増校の山田さんと田中さんが参加されました。田中さんは年代別4位でポイントゲット!山田さんもコツコツと地道な練習の成果が出ているようで、コーチ陣も嬉しく思います!お二人からレポートをいただきましたので、ご紹介しましょう!

まずは山田浩二さんから
「チョー暑かった!でも無事完走出来ました。良かった〜。
スタート前の説明会で「隣の人は敵じゃない!仲間です。叩いたり、蹴ったりしないでみんなで完走しましょう!」と挨拶があり、なごやかムードでスイムスタート。一斉スタートだったので1週目は人が多く思うように泳げなかったけど、ひどいバトルはなかった。スタート前の話が効いたか?2週目はバトルも少なく安定して泳げた気がします。トランジションは相変わらず遅い。苦手なバイクは平坦で直線周回コース、風はあったが彩湖を思い出し自分なりにいい感じで走れた。同じくらいのスピードの人たちと抜いたり抜かれたりケンズウエアーに恥じないよう走ろうとちょっと頑張った。バイク終了直前の段差で工具が飛びタイムロス。ランも平坦だがとにかく暑い!暑い!エイドで何度も水をかけてもらったり、氷で首、肩を冷やし、周回で会う田中さんからパワーをもらい無事完走!ゴール後にキンキンに冷やしてある水、コーラ、ジュース飲み放題は嬉しいかった。😂
〈結果〉スイム:27.50バイク:1.21.49ラン:48:53トータル:2時38分51秒で自己ベスト!年代別11位。よっしゃ〜!ケンズのコーチのみなさんのご指導、仲間からも刺激をもらい少しづつですが良くなってるかな?次は佐渡B!頑張ります。」

田中真一さんより
「この大会は東京から車で2時間半、当日受付、10時スタートという大会です。4年連続で出場しています。スイムは大井川港を2周回、ブイが漁船なので見やすく泳ぎやすいです。バイクは平坦なコースを3周回、ランも平坦なコースを2周回、(バイクもランも、すれ違いのコースなので、知り合いと励まし合えたりしてオススメです)毎年灼熱の太陽の下、過去3年ランで歩き順位を落として来ましたが今年もやはり歩き50分以上かかり⤵️散々でした。人気のある大会なのか、エントリーは当日で締め切りになってしまいますので、興味のある方はご注意下さい。」

来年、参加検討の方は参考にしてみてくださいね。お二人とも、暑い中のレースお疲れ様でした!

1 / 2512345...1020...最後 »