カテゴリー別アーカイブ: レース報告

会員レース報告&リザルト

宮古島参戦記

先週行われた宮古島大会に初参加された、西東京校の齋藤純子さんにレースレポートをいただきました。
レース中はそれぞれのドラマがあるように、大会の様子が伝わってきました。
是非、最後までお読みください。あらためて、レースお疲れ様でした!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
トライアスロンを始めて3年目。
レースを始めた頃から、いつかはロングのレースに出てみたいと思っていた。
実力不足は歴然。まだ、早いと何度も止めようと思った。でも、やれる時にやらないと。
身体の調子や環境でいつ出来なくなるかは、わからない。後悔しないようにしたい。
宮古はロングの大会にしては距離が短めで、抽選倍率が高い。どうせ当たらないんだから、と運試しのつもりで応募してみた。
そしたら、なんと、当選。(運、使ってしまいました…。)

その後は、もうやるしかないと、普段なら絶対乗らない真冬のバイク練に参加。
スイムもEからDへ。ランはフルマラソンの大会に出場してタイムを意識して走ってみた。
レースが近くなってくると、宮古対策の練習メニューも、組んでもらった。とても1人じゃ出来ない。

レース前日は雨で強風。試泳すると、波が高く酔いそうだ。
バイクコースを車で下見に行くが、伊良部大橋は車でも強い風で揺さぶられる。
こりゃダメかもと、弱気になった。
でも、宮古島の天気は変わりやすいから、当日になってみないと、わからない。
後は天に任せよう。大好きなビールは我慢して早めに就寝。

レース当日は晴れ!微風!神様ありがとうございます!
「トライアスロンは人生です。皆さん頑張っていきましょう」とコールが響き、スタート。
コース取りは直前まで悩んだ。バトルを避けて外側から行くと、方向オンチの私は、コースがわからなくなり、長い距離を泳ぐ羽目になる。
今回はコースロープに沿っていこう。バトルになったとしても、ずっとじゃない。
ペースの合う人にくっついて泳ぐと楽だって、忽那コーチが言ってたっけ。
ブイを見失わないように、ヘッドアップしながら泳いで行く。人が密集してぶつかる事もあったが、少しペースをズラすと、人混みから抜け出す事が出来た。
そして、同じペースの人を見つけた。何故か平泳ぎだ…。
蹴られないように距離を取ったが、よほどペースが同じなのか、離れない。
平泳ぎマンは礼儀正しく、ぶつかるとスミマセンと泳ぎながら謝ってくれる。とってもジェントルマン。

海は前日と打って変わり、波が無く穏やか。リラックスして泳げたせいか、思っていたよりも早くスイム終了して、トランディッションへ。
何を用意するんだっけ❓と考えながら支度するのでとにかくノロい。ボランティアの人に、「こちらにどーぞ」と、勧められるがまま、入らなくてもよい更衣室にまで入ってしまった。
日焼け止め塗り直しは忘れずに、バイクスタート。
笑っちゃうくらい、とにかく気持ち良い。天気は最高。景色は輝いてる。島の人の応援は熱く、ボランティアの子供達はみんな素直。
こんな素晴らしい体験はそうそうできるもんじゃない。あ〜もう終わっちゃうなあ。ふとそう思った。
ここまでくるのに、色々大変だったけど、本当に来て良かった。
バイクは楽しいが、苦手な種目。宮古はアップダウンがたいして無いと聞いてたけど、私には充分過ぎる。
風も出てきたし、さすがに100kを超えたら、腰も痛くなってきて、何とかゴールにたどり着く。

最後のランは、バイクから降りた解放感からか、走り出し好調。応援の声も身近に感じて、勢いがでる。
岡田さんからの、20kまでは抑え気味て行った方が良いよとのアドバイスを思い出す。原田コーチも、ずっと同じペースで走り続けるのが、一番身体に負担がかからないと言ってた。
それからは、少しペースを抑えながら走った。折り返した辺りから、スピードが落ちていく感じがした。
疲れが出てきて、気持ちが下がる度に、沿道の応援や、すれ違う仲間の「ナイス ラン」という言葉に勇気づけられた。
小川さんが、ケンズのウェアを振りながら何回もコースに出てきてくれて、応援してくれた。
力を分けてもらったみたいに、応援してもらう度にペースが戻った。ケンズウェアを買って良かった♡

ランは歩かないって決めてたから、エイド以外は走りきってゴール。あぁ、終わっちゃった。
宮古島のレースは今まで出たどんな大会よりも、素晴らしかった。

50mしか泳げなかった私を、ここまで指導して下さったコーチや応援してくれた仲間には、本当に感謝。
東京からメッセージを送り続けてくれたのを見た時には、涙が出るほど嬉しかったよ。ありがとう〜。
家に戻った翌朝、娘の弁当を作ってたら、「ようやく帰ってきてくれた。有難い。有難い。」と手を合わせて、拝まれた。なんだか、ちょっと嬉しい。
やっぱり家が1番かな。

第33回全日本トライアスロン宮古島大会

4月23日に沖縄県宮古島市で行われました、第33回全日本トライアスロン宮古島大会。
チームケンズトライアスロンスクールからは西東京校・成増校・新宿校合わせて16名の方が参加し、全員完走いたしました!
お天気にも恵まれ、今年は暑かったのではないでしょうか?それもレースの醍醐味ですね!100番以内には成増校の堀川貴文さん(57位)と西東京校の岡田琢磨さん(71位)が入り、大健闘されました。強風とアップダウンの多いコースで、きついはずなんですけど、ゴール後の皆さんはとても良い笑顔。
来年も宮古島。いつかは宮古島。そんな気持ちにさせてくれる大会のようですね。
ご参加の皆様、お疲れ様でした!

57位 堀川貴文 (9時間34分10秒)
71位 岡田琢磨(9時間44分13秒)
135位 関博(10時間14分37秒)
211位 歌代和正(10時間44分05秒)
263位 森隆弘(10時間56分33秒)
294位 伊藤尚真(11時間07分20秒)
766位 伊藤豊海(12時間30分59秒)
807位 齋藤純子(12時間36分45秒)
808位 相川周成(12時間36分45秒)
814位 杉澤正也(12時間37分45秒)
885位 角谷啓太(12時間49分01秒)
969位 白井岳史(12時間59分36秒)
997位 天野恵一郎(13時間02分51秒)
998位 小田智之(13時間02分51秒)
1039位 浅香則子(13時間08分21秒)
1206位 庄司貢一郎(13時間25分26秒)
※写真はイメージです。

2017石垣島トライアスロン大会

いよいよ始まりました!2017年トライアスロン国内シーズンインとなる石垣島大会。
チームケンズからは多くの方が参加され、今年は大活躍でした!
まずはチームケンズ成増校の山下千春さん。初トライアスロン、初オリンピックディスタンスと初めて尽くしにもかかわらず総合順位101位、年代別3位の快挙!!
続いてチームケンズ西東京校の櫻井由美子さん。こちらも飛行機での遠征初めてでしたが総合順位189位、年代別優勝!
同じくチームケンズ西東京校の宗田恵世子さん。毎年参加している石垣島大会。総合順位255位、年代別優勝!皆さん、おめでとうございます!
100位以内にはチームケンズ成増校の田中真一さん(総合順位53位)、石川康平さん(総合順位56位)、入江猛さん(総合順位57位)と今年は成増校の方々の勢いを感じますね。
無事に完走された方々も、南の島でのトライアスロンは思い出に残るレースになったのではないでしょうか?
いよいよ来週は、憧れの宮古島大会です。ラベンダーブルーが宮古島でも大暴れしてくれるのを楽しみにしています!

第1回アイアンマン・70.3サイパン

3月11日に行われました、アイアンマン・70.3サイパンへ西東京会員の戸塚さんが参加されました。
初海外レースという事でしたが、暑さ対策など工夫されたようです。以下参戦記を書いていただきました!ランニングの写真が暑さを物語っていますね…お疲れ様でした!

<参戦記>
第1回大会が大好きな私は第1回久米島トライアスロン、第1回木更津トライアスロンと出場しましたが、今回は第1回アイアンマン・サイパン70.3に参加してきました。
常夏のリゾートでのレースなので、何より暑さ対策が大事と聞いてA&Aのサウナで十分準備をして出発しました。空港ではCO2ボンベの持ち込みでもめましたが、心配したバイクの故障もなく無事到着しました。
レースですが、もちろん快晴!海もエメラルドグリーンでどこまで行っても水深2m位です。潮も波もほとんど無く第1ブイまではかつてないほど直線的に泳げましたが、さて岸に向かうと昇る朝陽が完全に逆光で全然前が見えません。前の人にはブイが見えているだろうと信じて、しぶきだけを頼りに泳ぎます。水中には青や黄色の魚がたくさん見えて、ちょっとピッチが遅かったかも知れません。ウワサでは2300mくらい泳いだようですが、今までにない楽しいスイムパートでした。
バイクコースはややアップダウンのある北と街を走る南の2つに分かれています。
ふれこみではド平坦コースのはずでしたが、10kmあたりから激坂登場!バイクを押している人もいますが、赤根峠の周回を思い出して何とかクリアしました。さて南に入るとほぼ平坦ですが交通規制がありません。しかし道は広いのでクルマは中央車線に避けてくれます。交差点には警官がいて赤信号でもトライアスリート優先で通してくれます。サイパンは右側通行なので「右、右」と唱えながら快走しました。南は繁華街ですが観客は・・・あまりに暑いのでいませんね。
さていよいよランです。この時まで暑いことに気づいていませんでした。スタートでペットボトルを2本渡されて、すぐにその意味が分かりました。暑いというか日差しが痛くて焦げる感じがします。ゆるいアップダウンの続くコースをマイペースで走ります。この辺りには戦争中の悲しい遺産もたくさんあって、このようなクレイジーなスポーツを楽しめる時代に生きていることに感謝しつつゴールを目指しました。さて気の遠くなる暑さでしたが何とかフィニッシュできました。そのまま海でクールダウン。最高の時間です。
アワードパーティでは現地で知り合った友人の全員がスロットを獲得しました。皆さん、最初から狙っていたそうです。私もそのうち狙ってレースに参加しようと思います。
今回は、3種目とも最後までイーブンペースで行けたことが自信になりました。コーチの皆様、チームの皆様、今後もよろしくお願いします。ご声援ありがとうございました。

アイアンマン・ニュージーランド70.3

国内レースはこれからシーズンインですが、すでに海外でシーズンスタートの方もいらっしゃいます!
3月4日(土)、アイアンマン・ニュージーランド70.3に出場してきた、西東京会員の境さんから大会レポートをいただきました。
いつかは出てみたいですね~。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ニュージーランドでのアイアンマンは今回で5回目。ロングが3回、ハーフ(70.3)が2回目です。
今回は元々ロングに申し込んでいましたが、1月中旬に70.3が同日開催されるとの案内があり、正式な変更(トランスファー)のシステムを利用して70.3の世界選手権のスロットを狙うことを目標にしました。
レース当日は西からの強風が吹き、スイム会場のタウポ湖は白波が立ち大きくうねっていました。
アイアンマンのエイジグループが大砲の合図で7時にスタート。ハーフは8時10分スタートの予定でしたが、湖の状況を見て30分以上遅れました。
荒れた状況はますます悪くなり、高い波に身体を揺らされ、ブイを見失い、何度か水を飲みました。ブイは見づらかったですが、このコースを何度も泳いだことのある経験から、遠くの景色を目標にして落ち着いて1.9kmを泳ぐことができました。
今回はアイアンマンにおいてスイムの制限時間2時間半に間に合わずにカットオフ、低体温症でドクターストップ、泳いでいる方向が分からなくなった選手らが続出したとレース後に聞きました(例年90%を越える完走率ですが今回は80%以下だったようです)。
バイクはタウポからレポロアという町の約45kmを往復します。ニュージーランド特有の変化に富む地形で緩やかなアップダウンが連続します。
私は自然な牧場が続くニュージーランドの牧歌的な風景が大好きで、バイクのパートでは心から「いいな」という気持ちが毎回わいてきます。
今回は西からの強風で往路は追い風、復路は真正面からの向かい風になりました。そのため往路では平坦なところでも50〜60km/h出ていました。一方、反対車線ではアイアンマンのエリート選手が向かい風に相当苦しんでいます。後半でアベレージが落ちないように、前半にできるだけ稼いでおこうと積極的に走ることにしました。予想通り、折り返した後はほとんど進まず、サイクルメーターも10km/h台。辛抱強くこぎ続けるしかありません。ラストの8〜9kmは一気に下りながらタウポの町へ入って行きます。ここは観客の声援も多く、気持ちよく走ることができます。
ランは素晴らしい景観の湖に沿って2周回します。大勢の観客がゼッケンにある自分の名前を呼びながら応援してくれますので、大変励みになります。
バイクの前半で少し無理をしたこともあり、ランに入ると太ももの前面がつりはじめました。重心の真下に着地すること、できるだけ腕振りと体幹を使って進むこと、そしてたくさんの応援を力にして走りました。後半は両方のふくらはぎもつりはじめ、いよいよ使える筋肉がなくなってきた気配。2〜3回立ち止まってストレッチを試みましたが、止まってしまうと完全にけいれんして二度と走れなくなるように思われ、脚を伸ばしたままできるだけ角度を変えずに体幹と腕振りでラスト3kmを走りました。トータルで目標よりも20分程遅れましたが、無事にフィニッシュ。
その日の夕方にアワードとロールダウンがありました。エイジ8位の成績でしたが、目論んでいた通り2枠ある70.3の世界選手権のスロットが回ってきました。迷わず手を挙げ、手続きを済ませました。9月にアメリカ・テネシー州・チャタヌーガで開催される世界選手権への出場。レース後すぐに次の目標が明確になり、そして自力ではありませんでしたが今回の目標を達成することができ、大きな収穫が得られた大会になりました。
今後もケンズの朝スイム、そして土曜のバイクとラン練習を積み重ねてより自分自身を改善して行きたいと思います。みなさま応援ありがとうございました。

第15回 奥むさし駅伝競争大会

1月29日に「第15回奥むさし駅伝競走大会」が埼玉県飯能市にて開催され、今年もスクールの強者を募って参加してきました。
箱根駅伝を彷彿とさせる繰り上げスタートの厳しい制限時間がある中、全長38.5kmをしっかりとチームの襷を繋ぎ総合78位の2時間18分42秒でフィニッシュしました!
各中継所において独特の高い緊張感に包まれた中でウォーミングアップをし、1区間4〜9kmほどの比較的短い距離を全速力で走るこの大会は、そうそう味わえることの出来ない経験です。
また来年も走りたいですね!!
来年は女性メンバーも大募集します!

第34回 川崎フルマラソン駅伝大会

毎年恒例行事になっております、川崎フルマラソン駅伝に今年も参戦してまいりました!
今年は成増チームが2チーム、西東京チームが4チーム、そして山梨よりエリートチームも久々の参戦となり、(応援者も含め)総勢40名の大所帯となりました。昨年は小雨が降る中でしたが、今年は晴天で走れば汗だくになるぐらいでした。
結果はエリートチームが女子の部で優勝!男子は西東京Aチーム(今井、原田、山本、西崎、岡田Jr)が一般男子の部で2位でした!
参加された一人一人が、襷を胸に精一杯走り、昨年よりもタイムが上がった方が多くいらっしゃいました。襷の力はすごいですね~!
これで今年最後のレースイベントが無事に終了いたしました。ご参加の皆様、お疲れ様でした!

> 記録速報はこちら

1 / 2212345...1020...最後 »